2019-08-15

シャトー ペトリュス 2011 AOC ポムロール シャトー元詰(ムエックス家)フランス ボルドー 赤ワイン 辛口 フルボディ 750ml
PETRUS [2011] AOC Pomerol

年代 造り手
[2011]年 シャトー ペトリュス
生産国 地域
フランス ボルドー ポムロール
AOC ポムロール
タイプ
赤・辛口 フルボディ
内容量
750ml

シャトー・ペトリュス[2011]年・希少限定品・AOCポムロール・シャトー元詰(ムエックス家)
PETRUS [2011] AOC Pomerol
超入手困難!ボルドーの最高峰!超高級ポムロールの代表!神話的存在!畏敬の念さえ覚える偉大な高級赤ワインの村!ポムロール!!からボルドー最高峰のワインのひとつ!リッチで濃密でしかも優雅さを兼ね備えた究極高級赤ワイン!!ペトリュス!!「ペトリュスは、ワインというよりは、神話的象徴なのだ」とロバート・パーカー自らワインアドヴォケイト誌で95点の高評価(2017〜2042年)(2014年4月号)!厳しい評価で知られる「Le Guide des Meilleurs vin de France」2014年版でも★★★満点3つ星で、この2011年で高評価獲得!ベタンヌ&ドゥソーヴ2014年版では満点5B&Dマークで、この2011年に高評価!(2017〜2055年)!イギリスのデカンタ誌でも5/5満点評価!また、ワインエンスージアスト誌やティム・アトキン、ジェイムズ・サックリング、ジャンシス・ロビンソン女史、デカンタ誌等各誌でも高評価獲得!ヒュー・ジョンソン氏にいたっては「卓越を極めたメルロのソロ演奏。芳醇で凝縮されたワインは世界の富豪の間で配分されている」と大絶賛!入手困難!ペトリュスの最強ヴィンテージ[2011]年が限定でようやく少量入荷!

(シャトーペトリュス2011) (AOCポムロール) (ムエックス)(フランスボルドー赤ワイン辛口フルボディ)


シャトー・ラトゥールやシャトー・マルゴーといったメドックの5大シャトーを凌ぐ高値で取り引きされ、誰もがその偉大さを疑わない至高のワイン、それがシャトー・ペトリュスです。
ワインを知る人ならもちろんのこと、ワインについてほとんど知らない人であっても、その名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれません。
しかし、そんなペトリュスも19世紀初頭には、ボルドーのワイン関係者でさえほとんど知らないようなまったくの無名ワインでした。

ペトリュスがわずかに注目されたのは、1889年、パリで開かれたワイン品評会でのこと。
この品評会で、それまで誰も知ることのなかったこのワインが、数々の有名シャトーを退け、堂々金賞を獲得したのです。
この出来事はペトリュスの潜在的なポテンシャルの高さを物語る証といえますが、当時のボルドーのネゴシアン(ワイン商)は、ジロンド河の右岸エリア、サンテミリオンやポムロールのワインをほとんど扱っておらず、名声を勝ち得るまでには至りませんでした。

ペトリュスを最初に有名な存在にしたのは、マダム・ルバです。
1945年、シャトーの完全な所有者となったマダムの尽力により、ペトリュスは徐々に脚光を浴びるようになります。
ニューヨークでは高級レストランのオーナーに見そめられ、アメリカの上流階級にその名が浸透していきました。

そして、そのマダムの遺志を継ぎ、ペトリュスを世界のワインの頂点へとのし上げたのが、当時ペトリュスを独占的に販売していたリブールヌのネゴシアンのジャン・ピエール・ムエックス氏でした。

ムエックス氏は、マダムの死後、1964年にペトリュスの株式の半数を取得すると、シャトーの支配人や醸造責任者を一新し、数々の改革を行ってペトリュスの品質にますます磨きをかけました。
そして、60年代から70年代にかけて、多くのワイン批評家が驚嘆する素晴らしい出来映えのワインを次々にリリースし、ペトリュスの名声を確実なものとしたのです。

わずか100年ほど前まではほぼ無名に近かったワインが、メドックの一級格付けワインよりも高値で取り引きされるような存在へと登りつめること。
それは、厳格なヒエラルキーが支配するフランスのワイン界においては、まさに奇跡といっていい出来事といえます。



【ベルエ・ファミリー】
2007年秋、ジャン・クロード・ベルエ氏は惜しまれつつもペトリュス醸造長を退任しましたが、息子のオリヴィエ・ベルエ氏が父の後を継ぎ、第二代醸造長に就任しました。 父のジャン・クロード・ベルエ氏は一線を退いたものの、現在も外部コンサルタントとしてペトリュスの運営に携わっています。




ヒュー ジョンソン氏のペトリュスへのコメント
(公式格付のない)ポムロルにあって『第1級格付』と呼ぶ存在卓越を極めたメルロのどっしりとした芳醇で凝縮されたワイン(500ケース)は世界の富豪の間で配分されている収穫年ごとにさらに光輝は増している。」★★★★最高評価

マスター・オブ・ワインで、デキャンタ誌のコントリビューターのD.ペッパーコーン氏は
メルロを使った世界最高の偉大なワインで、諸条件が正しく整ったときにこの品種がどれほどの偉業ををなしとげられるかを示している。

油のようになめらかでありながら、噛めるような感じさえするリッチさと力をもっている。その点ではシュヴァル・ブランとどこか似ているが、ペトリュスのほうが密度が高く、腰が力強く、ゆっくり熟成していく

歳月とともに増していく風味の複雑さと、微妙なニュアンスは、まさに驚異だ。ペトリュスは、ワインを愛する者なら何をおいても味わう機会を見つけるべきワインだ

厳しい評価で知られるル・クラスマンは
最高評価の3つ星★★★をつけ「ペトリュスがカルトワインを越え、神話となって久しい、もはや超越した存在なのだその存在を維持するために必要な条件がある。まずテロワールは世界でもここだけにしかない深い粘土質。加えてメルロ本来の資質を生かすために捧げられる驚くべき熱意。さらに、世界でも最も優れた技術者がチームを組み、全力を尽くして当たっているきめ細かな手入れと分析。そうでもしなければ、品質に対する高い評価を獲得しつづけるのはかなりむずかしい、いや不可能である。

メルロの盲目的な信奉者は(確かによく理解できるが)、ペトリュスとは、テクスチャーが最も豊満で、テロワールを最も率直に表現しており、熟成したアロマは最も高貴で、世界中で最も美しいワインを造るシャトーだと考えている。たとえメドックやグラーヴのグラン・ヴァンに慣れ親しんだ人が、ペトリュスのグレート・ヴィンテージを何の疑問を持たずに味わうにしても、その中にいつもエキゾティックな何かを見出すのだ。」と激賞!しこの2011年に18/20の高評価!


ワインアドヴォケイト誌で95点!他各紙激賞!
?

超入手困難!ボルドーの最高峰!超高級ポムロールの代表!神話的存在!畏敬の念さえ覚える偉大な高級赤ワインの村!ポムロール!!からボルドー最高峰のワインのひとつ!リッチで濃密でしかも優雅さを兼ね備えた究極高級赤ワイン!!ペトリュス!!「ペトリュスは、ワインというよりは、神話的象徴なのだ」とロバート・パーカー自らワインアドヴォケイト誌で95点の高評価(2017〜2042年)(2014年4月号)!厳しい評価で知られる「Le Guide des Meilleurs vin de France」2014年版でも★★★満点3つ星で、この2011年で高評価獲得!ベタンヌ&ドゥソーヴ2014年版では満点5B&Dマークで、この2011年に高評価!(2017〜2055年)!イギリスのデカンタ誌でも5/5満点評価!また、ワインエンスージアスト誌やティム・アトキン、ジェイムズ・サックリング、ジャンシス・ロビンソン女史、デカンタ誌等各誌でも高評価獲得!ヒュー・ジョンソン氏にいたっては「卓越を極めたメルロのソロ演奏。芳醇で凝縮されたワインは世界の富豪の間で配分されている」と大絶賛!入手困難!ペトリュスの最強ヴィンテージ[2011]年が限定でようやく少量入荷!



ショップ オブ ザ イヤー 10年連続受賞店舗
価格
384,800円 (税込415,584 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
ギフトラッピングを利用しますか?  
クール便(冷蔵)を利用しますか?  
1営業日以降【土日祝除く】発送予定
残りあと1本です
個数
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

現在のカゴの中

合計数量: 0

商品金額: ¥0

ログイン

商品カテゴリ

カレンダー

2018年9月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2018年10月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です